サプリ初心者でも安心して精力剤を始めてみたい方へ

 

サプリ初心者でも安心して精力剤を始めてみたい方へ

 精力剤は名前の通り、精力に対する良い影響が期待できるものを指しています。ビタミン剤など、精力アップの効果

が期待できる医薬品も精力剤と呼ばれることがありますが、多くは医薬品ではなく、サプリや健康食品ですね。カプセルタイプ、粉末タイプ、ドリンクタイプなど形態は様々ですが、サプリと健康食品は似たようなものだと考えてください。サプリの形で提供されている精力剤を使う場合の注意点として挙げられるのが、効果が出るまでのタイムラグです。

 

 医薬品は即効性があるものが多いですが、それに対して、サプリは長く使うことで徐々に効果が現れる のが普通なので、どうしても効果を実感できない時期が出てきます。効果がないのか、まだ効果が現れていないだけなのかが分かりにくいケースが多いものの、サプリの精力剤を試すのであれば最低でも3ヶ月くらいは飲み続けないといけません。サプリの効果が出るまでの期間には個人差がありますが、精力剤との相性がよくても、飲んだ直後に効果が出るということはまずあり得ませんね。しかし、体質などによっては、サプリを飲み始めてから1ヶ月以内に大きな効果を実感できるケースもあります。

 

 3ヶ月くらい時間が経過してようやく変化を実感できるケース もあるため、飲み始めて効果が出なかったとしても、その精力剤に問題があるとは限りません。良い悪いを判断するためにはある程度の時間が必要なので、最低でも3ヶ月くらいは飲み続けるのがよいでしょう。

精力剤の嘘や大げさに惑わされたくない!

精力剤の嘘や大げさに惑わされたくない!

 精力剤に限った話ではありませんが、健康食品やサプリ選びにつきまとうのが大げさな表現の誇大広告、本当か嘘か分からない口コミなどですね。大げさな表現に惑わされたくないのであれば、最も無難な選択肢はバイアグラやシアリス、レビトラといったED治療薬の利用です。

 

 ED治療薬は、治験と呼ばれる人間を対象とした実験を経て世の中に出ているため、一定の効果は確認されています。体質には個人差があるため、確実に効果が現れるわけではないものの、最も期待できる薬と言ってよいでしょう。ただ、医薬品は効果が期待できる一方で副作用は強く、ED治療薬は降圧剤などと併用することはできません。また、ED治療薬はあくまで血管に働きかける薬で、精力そのものにアプローチするわけではないので、性欲が落ちていると役に立たない場合もあります。

 

 サプリに分類される精力剤は栄養素から精力にアプローチしてくれますが、先に書いたように誇大広告も多いため、大げさな表現には注意したいところですね。広告や口コミですぐに効果が出るといった文言があるのなら、怪しいと警戒するのが無難です。もっとも、かつて横行していた健康食品やサプリの誇大広告は、薬事法が薬機法に改められた頃から厳しくチェックされるようになったため、大きく減りました。ただ、口コミに関しては大げさや嘘のリスクがありますので、精力剤のサプリ選びでは、効果に言及している口コミを冷静にチェックすることが欠かせません。

 

精力とセックスレスは関係する?

精力とセックスレスは関係する?

 日本家族計画協会の2016年の調査によれば、10代から40代の夫婦のうち、およそ半数がセックスレスの状態にあります。基本的には年齢が上がるほどセックスレスの割合も増えるため、40代だとセックスレスの割合はもっと増えるでしょう。セックスレスの割合が増えることと精力低下には関係があり、精力が低下して勃起力に問題が出ていれば、セックスレスに陥るのはごく自然なことですね。また、精力は性欲とも関係が深く、年齢を重ねて性欲が落ちてきたのであれば、精力剤を飲むことで改善できる場合もあります。精力減退は勃起力の低下、性欲の低下につながるため、セックスレスの大きな要因と言っても過言ではありません。

 

 ただ、セックスレスの原因は精力だけではないので、精力の問題が解消されればよいというわけではありません。たとえ男性側の精力が十分でも、女性側がセックスに対して後ろ向きであれば、セックスレスの改善は難しいのが実情ですね。そして、男性の精力が改善されたとしても、パートナーに対して興奮することができなければセックスレスは改善されません。長く一緒に暮らしているとお互いを異性として見るのが難しくなるケースは多く、精力が十分でもこの問題を解決することは困難です。

 

 女性側がセックスに対して前向きで、かつ男性側の精力や体力に問題があるケースであれば、精力剤や日常生活の改善でセックスレスの解消が見込めます。しかし、他に原因がある場合は精力剤単独での改善は難しいので、問題点についてお互い話し合うことも必要です。

セックスは夫婦間のコミュニケーション手段?

 

セックスは夫婦間のコミュニケーション手段?

 夫婦間のコミュニケーション手段として代表的なのは会話ですが、セックスも非常に重要です。海外では、セックスはコミュニケーションの手段として捉えられている場合が多く、日本とは事情がだいぶ異なります。日本人のセックスの回数は外国と比べてかなり少なく、外国人がコミュニケーションの少なさに驚くことも珍しくはありません。セックスでは性の要素を切り離すことはできませんが、夫婦間でコミュニケーションが不足しているような自覚があるのなら、コミュニケーションとしてのセックスを大事にしてみるのも手ですね。

 

 20〜30代のうちはセックスの回数もそれなりでも、40〜50代、60代以降とセックスの回数が減っていく夫婦が多く、時間が経つにつれ、コミュニケーションが不足する恐れがあります。熟年離婚の原因としてセックスレスを挙げている専門家もいるほどで、セックスレスに伴うコミュニケーション不足は非常に重大な問題です。

 

 コミュニケーション不足は浮気、不倫のリスクを高めますし、仮に浮気や不倫がなくても、コミュニケーション不足から信頼関係が破綻して離婚するケースはよくあります。もちろん、どちらかが極端に疲れている場合などセックスを成立させるのが難しい場合もあるものの、セックスに対して前向きに取り組むことが長い付き合いを成立させる上で重要ですね。もし、精力の問題でセックスレスになりつつあるのなら、精力剤を使うなりして早めに対処しておきたいところです。

年代別の精力・勃起力衰え事情

 

20〜30代の精力・勃起力が衰える原因は?

 

20〜30代の精力・勃起力が衰える原因は? 勃起力、精力の衰えを感じやすいのは30代後半以降です。20代から30代前半くらいの年齢であれば、精力の衰えを感じるケースは少ないものの、20代の時点でEDの症状を抱えるケースもないわけではありません。まだ若いのに勃起力や精力の衰えが見られる場合、まず疑われるのは精神面の悪影響ですね。

 

 過去に大きな失敗をしたことから不安が強い、自信が持てないといった悩みを抱え、結果的に精力に悪影響が出るケースは珍しくはありません。もちろん、30代後半から40代以降であっても精神面によるEDは起こり得るものの、年齢を重ねてくると健康面の悪化によるEDが増えてくるため、精神面のみが原因のEDは劇的に多いわけではありません。それに対して、20代から30代前半くらいでは心因性EDと呼ばれる精神的なものが原因の場合が多く、過去の失敗によるトラウマ、経験不足の時期に起こりやすい極度の緊張、社会人になってからのストレスなどが主な原因として挙げられます。

 

 精力の衰えが精神的なものから来ている場合、薬や精力剤を飲んで解決するとは限らないため、ある意味では肉体的な問題よりも厄介ですね。過去のトラウマ、緊張しやすい性格はそう簡単には改善できませんし、ストレスがあるからといって退職などの大きな環境の変化を安易に選ぶわけにもいきません。ただ、心因性EDは症状自体は軽めな場合が多く、精力アップで自信を持てるようになるケースもあるため、精力剤を試してみるのも手ですね。

40〜50代の精力・勃起力が衰える原因は?

40〜50代の精力・勃起力が衰える原因は? 個人差はありますが、人間の各種機能は徐々に衰えていきます。精力の衰えも年齢を重ねていけばいずれ起こることですが、衰えを実感しやすいのが40代から50代にかけてです。要因は色々とあるため、一概には言えないものの、若い頃からのよくない生活習慣の悪影響が40代から50代にかけて体に現れやすいのですよね。精力減退、勃起力の衰えは健康と大きく関係しており、40代から50代は健康を損ないやすい年代です。病気だと診断が下っている場合もあれば、病気の診断が下っていない場合もありますが、精力減退の症状があるなら、体に何かしら問題があると考えてよいでしょう。

 

 EDの原因としてよく挙げられるのが高血糖と高血圧で、特に高血糖は注意しないといけません。高血糖の状態が続くと血管が傷ついていきますが、血管は勃起力と大きく関係しています。性的な刺激があれば勃起状態に入るのですが、血管が傷ついていると勃起しにくく、仮に勃起しても中折れを起こしかねません。また、高血糖は神経を傷つける場合もあり、勃起に関係している神経が傷つくと、血管に問題がなくても悪影響が出ます。

 

 高血糖と同様に、高血圧も血管に悪影響を与えることから、精力減退、EDの症状を引き起こしかねません。厄介なことに、高血糖も高血圧も自覚症状はほぼないため、気づきにくいという問題があります。食事や精力剤などで精力を高める努力も大事ですが、40代から50代で精力の衰えを感じているなら、健康状態を意識することも重要ですね。

60代以降の精力・勃起力が衰える原因は?

 

60代以降の精力・勃起力が衰える原因は? 40代から50代にかけての勃起力、精力の衰えには個人差が大きく、EDのような症状を抱える人が増えてくる反面、精力の衰えを感じない人もまだまだ多いものです。ただ、60代以降ともなると相当に精力が落ちてくるのが普通で、まず挙げられる原因は健康面ですね。高血圧や高血糖の状態が続くと勃起力が落ちる可能性が高まりますが、年齢を重ねるほど高血圧や高血糖の症状が出やすいのが実情です。加齢により血圧や血糖値を抑える働きが弱まってくるため、結果として高齢者ほど高血圧や糖尿病に悩まされる傾向があります。

 

 健康状態を維持するのが難しくなることも精力の衰えの要因ではありますが、さらに気持ちと体の問題も押さえておきたいところですね。精力は衰えていくものですが、性欲に関しては60代どころか、70代であっても健在なのが普通です。70代男性の90%に性欲が認められるというデータもあるように、欲求自体は強く残っているものの、一方でパートナーとの関係性は若い頃とはだいぶ変わってきます。

 

 マンネリという言葉がありますが、パートナーと長く生活を続けているうちにマンネリ化して、関係がうまくいかないケースも珍しくはありません。パートナーからの刺激が落ちてくると精力も比例して落ちやすいため、充実した生活を送るためにはお互いマンネリにならないよう、努力する必要があります。女性は60代以降ともなると性欲は20代の20%未満にまで減るとのデータもあるため、パートナーの気持ちを思いやることも男性にとっては欠かせません。

中高年の正常な「勃起」に必要な条件とは?

 

 中高年に限った話ではありませんが、勃起のためにはいくつかの条件が必要です。若くても条件が揃っていなければEDの症状が出る恐れがありますし、中高年であっても条件が揃っていれば、男性としての自信を保ち続けられるわけですね。勃起に欠かせない前提条件は血管と神経が正常であることで、どちらかに異常があるとEDにつながりかねません。

 

 男性の生殖器には陰茎海綿体があり、こちらは血管が大量に集まっているスポンジ状の場所です。普段は、動脈を通して生殖器に流れ込む血液量と、静脈を通して生殖器から出ていく血液量は同じです。性的な刺激により陰茎海綿体に大量の血液が流れ込むと、静脈が圧迫されるために出ていく血液量が減り、勃起状態が起こります。このように、勃起は血管と大きく関係しているため、高血圧や動脈硬化が原因で血行が悪いと勃起に悪影響が出るわけですね。

 

 陰茎海綿体に血液を送り込むためには体からの命令が必要ですが、神経に異常があると、命令そのものが実行されない恐れがあります。糖尿病の患者さんにEDの症状が現れやすいのは、糖尿病により神経がダメージを受けるためです。他にも、脳卒中の後遺症、パーキンソン病などでも、神経のダメージによるEDの症状が起こることがあります。また、ストレスや不安感から勃起がうまくいかない心因性EDと呼ばれる症状もありますが、こちらは若い時期に起こりやすいのが特徴です。精神面を含め、健康な状態を維持することが正常な勃起につながるので、ぜひ生活習慣を見直してみてください。

精力剤に頼ってみて良かった意見

1.妻に内緒で精力アップで喜ばせた

 

妻に内緒で精力アップで喜ばせた 精力剤は怪しいものというイメージがあるかもしれませんが、インターネット上には精力剤に頼って良かったという意見や口コミは多くあります。年齢を重ねるごとに精力が低下していき、妻との関係に悪影響が出るケースは珍しくはありません。妻に内緒で精力剤を購入し、精力アップで喜ばせたという意見もあるため、奥さんを満足させられていないと感じているのであれば、精力剤に頼るのも手ですね。

2.定期購入でお得

 

定期購入でお得 精力剤の評価ポイントで押さえておきたいのは価格で、高いものを購入し続けるのはなかなかつらいものがあります。コスパは精力剤を選ぶ上での重要ポイントですが、定期購入でお得だったという口コミがないか、探しておきたいですね。定期購入コースを選ぶことで常に割安で購入できる精力剤も多いため、お得な精力剤を探す上で定期購入は見逃せません。

 

 当然ながら、価格の面でお得であったとしても効果が保証されるわけではありませんが、仮に効果が出なかったのであれば何も言わず解約するか、効果がなかったとの口コミを投稿する可能性が高く、お得だという口コミを投稿することは基本的にありません。リーズナブルで、かつ一定の効果が出たため、定期購入でお得という口コミや意見を投稿したのでしょうから、定期購入に関して言及している良い口コミは押さえておきたいところです。手を出しやすいものから少し高めなものまで種類は様々ですが、成分や価格などを比較した上で合いそうな精力剤を選んでください。

精力剤に頼ってみて失敗した意見

1.コスパ面で失敗

 

コスパ面で失敗 インターネット上には精力剤のよい口コミがある一方、あまりよくない口コミもあります。精力剤に頼って失敗したという意見でよく挙げられている問題点は、コスパと効果についてですね。精力剤は医薬品とは違って、継続的に使い続けることで効果が出てくるケースが多いため、コスパが今ひとつであれば金銭的な負担が相当に増えます。いくら効果が期待できても購入をためらうような価格設定であれば、失敗したと感じる人が出てくるのもごく自然な話です。

 

 短期間で挫折すると、効果の有無について判断材料が得られないままなので、精力剤を選ぶのであればコスパは非常に重要ですね。自由に使えるお金がどれくらいあるかにもよりますが、口コミでコスパが悪い、高いといった意見が多い精力剤は少し警戒した方がよいでしょう。

2.効果を感じない失敗

効果を感じない失敗
 当然ながら、コスパがよくても肝心の効果が今ひとつであれば本末転倒なので、効果に関する口コミも押さえておきたいところです。効果を感じないという意見が多いものを避けるのが基本ですが、コスパとは違って購入前の時点で口コミの真偽を確かめることはできません。注目ポイントは具体性で、効果を感じないとしか書いていない口コミは信頼性に欠けますが、何ヶ月も使い続けて効果を感じないという具体的な失敗の口コミが多いのであれば注意したいところです。精力剤を注文したのに全く効果を感じられない…このような事態を避けるためにも、効果に言及している口コミをチェックしてください。

 

精力が上がると良い事だらけ?

 

精力が上がると良い事だらけ? 精力アップに伴う体の変化にはメリットが多く、特に性生活が充実している場合には相当の効果が期待できます。まず押さえておきたいのはアンチエイジング効果で、ホルモンの分泌により若々しさを保つ働きが見込めるのです。精力が十分でなく、それに伴って性生活に問題が出ているのであれば、老けるリスクが高まります。もちろん、見た目に影響する要素は食生活など色々とあるため、精力や性生活のみで若返り効果が得られるわけではないものの、精力が落ちている場合と比べると、若々しさのキープはしやすいでしょう。

 

 性生活が充実している場合、ストレス発散の効果が期待できるため、健康をキープしやすいのも見逃せないポイントですね。そして、精力アップは男性としての自信につながり、精力を取り戻すにつれて若い頃のような活力を感じられる場合もあります。精力アップはメリットも多いため、以前と比べて精力が落ちている場合は、精力剤を使用するなどして対応してください。

 

 基本的に精力アップにデメリットはないものの、あまりに性生活にのめり込むのは危険です。東洋医学では、過剰な性生活は腎虚というエネルギーが低下した状態に陥る原因だと考えられています。腎虚の状態が続くと尿が近い、腰が痛いといった症状に加えて精力減退の症状が出ることもあるため、精力が逆戻りする可能性も否定できません。精力アップで昼も夜も性生活にのめり込むような生活は問題なので、ほどほどにしておくことも重要ですね。